浦富海岸・鳥取砂丘・白鷺城


131120-1

 

網代港から 遊覧船に乗って 浦富海岸を散歩 いえ クルージング(笑)。

131120-2

なんで 遊覧船なのかしら?とおもいつつ。。。

山陰 観光 山陰海岸国立公園 浦富海岸 島巡り遊覧船.なのでした。

山陰海岸国立公園って 京都府丹後の網野海岸から兵庫県の但馬御火浦を経て

鳥取県東部の鳥取砂丘までの日本海に面する75kmの海岸線。

これを中心とする日本の国立公園何だそうです。

はじめて知りました^^;。

ここでも神話が絡んでいてたくさんのお話をしてくれました。

 

131120-3

かなり荒れておりまして、昨日まで遊覧停止だったとのこと。

昔取った杵柄ではないですが、月2回の博多湾のヨットレースに参加していたので、多少荒れていても平気です。

そして、いかが干物になるところを。。。

131120-4

 

くるくると すごいスピードでまわっていました。

手前の男性 Mr Kagoshima 。 左奥の男性 Mr Mifune。

タイトなスケジュールの中 結構 欲張り組。

なんとなく行動パターンが一緒で、記念撮影のお手伝いをしました。

これは違いますよ(笑)。

 

そして 子供のころから行きたかった 鳥取砂丘。

131120-5

131120-6

馬の背から眺めたところ。。。

そして あしあとのないところを探して そこを駆け下りてみたいと。。。

131120-7  131120-8

何とか 転ばずに(笑)。

そして うみ。

131120-9

131120-10

タッチ!(^^)!。

131120-11

131120-12

お昼ご飯なんてどうでもいいから 遊んでたいと思いつつしぶしぶお食事会場へ。

皆様すでに召し上がっておられ 当然びりでした。

 

 

そこから姫路城へ。

工事中で すっぽり覆われておりましたが、工事を見学できるようになっていました。

これもまた いいかもねと最上階へ上がりました。

匠のお仕事ですね。

131120-13

 

熊本城をいつも見ているせいか、直立しているようにかんじました。

それから 猫の多いこと。ちょっとびっくりしました。

姫路城で飼われているのかと思うくらい、のほほんとしていました。

そして 一路鳥羽へ。

この日の走行距離 500km。

中国道から 名神道へ。

25年ぶりに走ってるとおもいつつ。。。

バスの運転手さんは 時間との戦いのようでした。

大変ですよね。

名神は道路工事があっていて渋滞することがわかっていたようです。

この時は 桂川サービスエリアで1度休憩。それきりで走り続けられました。

何時だったか 暗くなって 下電観光バスガイドの福原さんが、営業終了のご挨拶をされ

それから私も少し寝たかな。

暗くなってからは ガイドさんも座らないといけないそうです。

今夜の泊地は鳥羽の岬の先の温泉ホテル?

ここはお勧めできません。。。

昨夜とちがってハズレ。

一応全室オーシャンビュー との説明を受けましたので、どんな景色が見えるのか

フロントで尋ねたところ、はぁ~? ですって。

残念な対応ですね。

いいお勉強をさせていただきました^^;。

翌朝はいよいよ伊勢神宮にお参りです。

また出発の早いこと。。。

めずらしく 23:30頃には寝てました。

 

つづく。

 

 

 

 

 


PAGETOP